狸小路きみこからメッセージ絵本。茶廊法邑で販売中!



もう一度かあさんの聲が聴きたい

※平成30年9月6日朝日新聞朝刊に掲載されました。 

第21回 日本自費出版文化賞

    詩歌部門賞 第1位 受賞

 

もう一度かあさんの聲が聴きたい

 法邑美智子が享年98年の生涯を閉じた母の思い、後悔を綴りました。涙無しでは読めない1冊です。

作者法邑美智子が朗読したCDも販売中です。


オサクばあちゃんのひとりごと  認知症の義母ちゃんを介護した経験から生まれたメッセージ絵本です。

 

オサクばあちゃんのひとりごと

 認知症の義母ちゃんを介護した経験から生まれたメッセージ絵本です。


敏男おじさんのひとりごと  敏男おじさんときみこおばさんの38年を綴った、心温まる絵本です。DVDも販売中です。下記よりお試しできます。

 

敏男おじさんのひとりごと

 敏男おじさんときみこおばさんの38年を綴った、心温まる絵本です。DVDも販売中です。

5月10日火曜日、UHBテレビに、私が取材されましたのがオンエアーされました。

ご覧になれなかった方々の為に

家のテレビビデオから、アイパットに

移すましたので、ご覧いただきたく

思います。これからの認知症を考える

きっかけに、、、

テレビ局に許可を得ています。

  ~法邑美智子Fecebookより引用



『夢抄』 ¥3,000-

  著:法邑美智子   

   2018年1月発売中!  
   札幌市内紀伊國屋書店でも販売中!!
  ~冒頭より
      母から子への絵手紙
  Postcards from mother
      What I drew for my children


今を生かされて

            法邑美智子 著

 

【商品の説明】

二人に一人がガン告知をされる時代、その時がいつ誰におとずれるかはわかりません。 著者は大腸ガンに、ほぼ時を同じくして夫もガンに見舞われたのでした。夫は、目が不自由なうえ、膀胱から直接のカテーテルがはずせない生活になりました。 著者は70歳を目前にともにガンになったことで、その実体験を赤裸々に本書に記しました。高齢者のこと、障がい者のこと、未来ある若い人、子供たちのこと、医療関係、福祉関係、ほかにも、いろいろ考えるきっかけとなり、生きる力をさらに膨らませることになったと述べています。 「苦しいことの後に幸せがある」との言葉があります。辛いこと、悲しいこと、苦しいことなど、沢山経験したからご飯が食べられる。前のものが見える。つまづかないで歩ける。それだけで、それだけで幸せを感じるのです。これは本書より抜粋した著者の真実の言葉であります。 ぜひお手にとって読んでみてください。何かが心に残ることと思います。

 

販売方法

 Amazon販売行っています。茶廊法邑でも販売中です。他、紀伊国屋書店札幌店、丸善ジュンク堂で販売中です。



SILENCE-Photo Picture Book 

写真 鎌田 光彦 文 法邑 美智子

 北海道の自然を撮影した写真に合わせた文の小冊子です。

一文 

遠くにいても 近づいて 

近くにいても 離れていく

ひとは 不思議な いきものです



 

具体的抽象

 

 いろいろな賞をいただいた茶廊の店内の様子、法邑美智子-息子に送り続けた絵手紙から日本画へ



茶廊法邑 茶廊法邑開廊10年間を彩る作品がこの1冊に!

 

茶廊法邑

 茶廊法邑開廊10年間を彩る作品がこの1冊に!


眼ー茶廊法邑  7年間の熱き思いを1冊に! さまざまなジャンルの芸術展を開催した「茶廊法邑ギャラリー」からのメッセージ!

 

眼ー茶廊法邑

 7年間の熱き思いを1冊に!

さまざまなジャンルの芸術展を開催した「茶廊法邑ギャラリー」からのメッセージ!